製造工程Step

製造工程

  • Flow01

    原料米

    国のよる安心・安全な3度の検査を経て、酒造組合で共同購入。
    タイ米特有の適度な粘りと水分で、古酒に適した成分を豊富に含んでおります。

  • Flow02

    麹造り

    洗米し、浸潰したタイ米を蒸し、黒麴菌を散布します。
    温度は40度前後で約2日間手入れをおこない、しっかりとした米こうじを造ります。

  • Flow03

    もろみ

    米こうじ(540kg)に水(864L)と泡盛酵母を混ぜ、温度25度前後で約18日間でアルコールを発酵させます。
    日々香りの変化を感じながら撹拌を行い、豊富な味わいのもろみに道びきます。

  • Flow04

    蒸留

    縦型の常圧蒸留器でじっくりともろみを加熱します。
    蒸留時間は早すぎても遅すぎてもダメで、2時間ちょうどに合わせると酒質のやさしいバランスのよい味わいを醸し出します。

  • Flow05

    貯蔵

    まず、かめで半年以上寝かせます。かめは呼吸をするので、ガス臭や硫黄臭を除去し、早く熟成します。
    それからタンクで寝かし、アルコールと水の結合を待ちます。
    3年間寝かすと古酒(くーす)といっておいしさUPします。

お問い合わせ

商品についてのご質問や不明点等ございましたら
お気軽にご連絡ください

TEL. 098-998-2108

〒901-0403 沖縄県島尻郡八重瀬町字世名城510-3

お問い合わせへ